治療について

病的近視の治療の流れ

眼底の異常から治療の必要性を判断します

強度近視自体は治療の対象になりません。眼底に異常が生じていなければ、経過を観察することになります。

しかし、強度近視で眼軸が延長したことで網膜や脈絡膜への負担が増し、眼底に異常が生じた場合、症状によっては治療が必要になることがあります。

治療の主な流れとしては、脈絡膜から新生血管が発生した場合は「VEGF阻害剤」が考えられます。また、網膜剥離などの牽引性黄斑症を発症した場合は「手術」が考えられます。

定期的に眼科・病院の受診を!

眼科・病院検索(新しいウインドウで開きます)

眼科・病院を定期的に受診しましょう。

「強度近視」「病的近視」についての紹介ページへ移動する

「強度近視」「病的近視」についてご紹介します。

病的近視の自己チェック方法の紹介ページへ移動する

ホームページの最初に戻る