治療について

病的近視の治療法

脈絡膜から新生血管が発生した場合、次のような治療法が考えられます。

VEGF阻害剤

体の中には、脈絡膜新生血管の成長を活発化させるVEGF(VEGF:Vascular Endothelial Growth Factor、血管内皮増殖因子(けっかんないひぞうしょくいんし))という物質があります。

VEGF阻害剤による治療は、このVEGFの働きを抑える薬剤を眼内に注射することにより新生血管の増殖や成長を抑制する治療法です。

VEGF阻害剤による治療の画像

中心窩移動術(ちゅうしんかいどうじゅつ)

新生血管が中心窩にある場合に実施されることがあります。
中心窩の網膜を新生血管から離れた場所に移動し、健常な色素上皮の上に中心窩を移すことにより、中心窩の働きを改善する手術です。

脈絡膜新生血管抜去術(みゃくらくまくしんせいけっかんばっきょじゅつ)

新生血管を手術で取り去る手術です。

※ 病態により、各治療のメリット・デメリットは異なります。
 各治療の適応については担当医にご相談ください。

定期的に眼科・病院の受診を!

眼科・病院検索(新しいウインドウで開きます)

眼科・病院を定期的に受診しましょう。

「強度近視」「病的近視」についての紹介ページへ移動する

「強度近視」「病的近視」についてご紹介します。

病的近視の自己チェック方法の紹介ページへ移動する

ホームページの最初に戻る