病院選びのヒント

よりよい治療を受けるために

早めの受診が大切です。

自己チェックで見え方に異常を感じた方、病的近視になっているかどうかが気になる方は、できるだけ早く医師の診察を受けましょう。

病的近視は多くの場合、働き盛りの方に発症します。視力低下による日常生活や仕事への影響を最小限に抑えるために、症状が進行してしまう前に受診することが大切です。

網膜の専門医に診てもらうと安心です。

病的近視は、眼の中でも主に「網膜」に異常が起こる病気です。したがって、網膜の状態を精密に確認する設備が整った施設で検査・治療を受けることが望ましいといえます。

受診する前に、「光干渉断層計(OCT:Optical Coherence Tomography)の設備があるか」「専門外来(網膜専門外来、黄斑外来など)があるか」などを確認すると良いでしょう。

また、大学病院など大きな病院では原則として紹介状を持っていなければ受診できない場合がありますので、併せて確認すると安心でしょう。

お近くの眼科・病院を探す

ホームページの最初に戻る

  • 病気についてのページに移動する
  • 治療についてのページに移動する
  • 患者さんの体験談のページに移動する
  • よくある質問のページに移動する

ホームページの最初に戻る