病気について

起こり得る症状

脈絡膜からの新生血管が与える影響

強度近視により脈絡膜が引き伸ばされると、脈絡膜から新生血管が生じ、網膜色素上皮とブルッフ膜が引っ張られてできた裂け目を通って網膜の方へと伸びていきます。

しかし、新生血管はもろい血管であり、出血したり水分が漏れ出てきたりしやすいため、網膜の下に血液や水分がたまって、視野障害や視力低下の原因となります。

病的近視で見られる新生血管は、しばしば黄斑部の中心に起きることが知られていて、進行するとより一層視力障害が悪化します。

網膜・脈絡膜の断面図

病的近視を発症した際に見られる症状

  • 黄斑部出血、黄斑浮腫(むくみ)、網脈絡膜萎縮、牽引性黄斑症、網膜剥離(網膜がはがれて栄養が届かなくなる)が起こります。
  • 網膜の機能(カメラでたとえるとフィルムの役割)が低下し、ものがゆがんで見えたり、ぼやけて見えたり、視力低下が起こります。
  • 視力低下

    見たい部分がぼやけて見える

  • 変視症

    見たい部分が歪んで見える

  • 暗点

    見たい部分が欠けて見える

  • 飛蚊症・光視症

    黒い点や虫のような影が飛んで見えたり、視野の一部に光が走る

定期的に眼科・病院の受診を!

眼科・病院検索(新しいウインドウで開きます)

眼科・病院を定期的に受診しましょう。

病的近視の治療についての紹介ページへ移動する

病的近視の治療についてご紹介しています。

病的近視の自己チェック方法の紹介ページへ移動する

ホームページの最初に戻る