視野や見え方に異常を感じたら

急な視力低下や、歪みなどの視覚障害はありませんか?

紙芝居で知る病的近視

強度近視の方が、急な視力低下や視野の歪み・ぼやけなどの視覚障害を感じる場合、病的近視の疑いがあります。

  • 「かすみ、ぼやけがひどい」「線がゆがんで見える」「視野の一部が黒っぽい」など、以前と比べて見え方がおかしいことはないでしょうか?
  • もしかするとそれは、強度近視の悪化かもしれません。病気の悪化は、眼軸の長さが伸びることで起こります。
  • 眼軸が伸びると、後部に引っ張られた眼底に強い負担が生じ、眼球の後ろ側がふくらむ、網膜が伸びる、網膜がゆがむ、網膜がはがれるなどの異常をきたします。
  • 見え方にも「視力低下」「変視症」「暗点」「飛蚊症・光視症」のような異常が生じますが…
  • 適切な治療で視力の維持が可能です。大切なのは早期発見・早期治療。眼科・病院を受診しましょう。病気や治療について詳しく見るのページに進む

強度近視の方は眼科受診を!

眼科・病院検索(新しいウインドウで開きます)

大切なのは早期発見・早期治療。
眼科・病院を定期的に受診しましょう。

「強度近視」「病的近視」についての紹介ページへ移動する

「強度近視」「病的近視」についてご紹介します。

病的近視の自己チェック方法の紹介ページへ移動する

ホームページの最初に戻る

  • 病気についてのページに移動する
  • 治療についてのページに移動する
  • 患者さんの体験談のページに移動する
  • よくある質問のページに移動する

ホームページの最初に戻る